HOME > 伊勢丹データーセンター :このページの記事一覧
IDC 伊勢丹データーセンター 一次面接
IDC 伊勢丹データーセンター 筆記試験 合格
IDC 伊勢丹データーセンター 筆記試験
IDC 伊勢丹データーセンター ES通過
IDC 伊勢丹データーセンター 会社説明会
伊勢丹データーセンター プレセミナー

2007-03-06

IDC 伊勢丹データーセンターの一次面接を受けてきました。

待合室に入ると、いつもの人事の方が笑顔で迎えてくれる。

時刻になると、面接室へ案内される。

ノックして、いざドアを開ける。

個人面接で、面接官は2人(その内1人は説明会で前で説明してくれた人事の方でした)。

自己PR、志望動機を述べて、それらに関する質問に答えていく形でした。
ESに書いた内容からもいくつか聞かれました。
あとは、他社の状況、入社したらやりたいこと、など。
最後にこちらから質問する時間も。

時間は30分間ちょっとだったかな。

その後、待合室へ戻ってアンケートを記入して終了。

かなり緊張してしまった。あまり自信が無いなぁ。

伊勢丹だけがなぜ売れるのか 誰からも支持される店づくり・人づくり 武永 昭光
伊勢丹だけがなぜ売れるのか
誰からも支持される店づくり・人づくり
武永 昭光

伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか―現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る 溝上 幸伸
伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか
現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る
溝上 幸伸

百貨店地図が塗り変わる日―1兆円企業4グループしか生き残れない理由 川嶋 幸太郎
百貨店地図が塗り変わる日
1兆円企業4グループしか生き残れない理由
川嶋 幸太郎
2007-02-24

IDC 伊勢丹データーセンターの筆記試験を受けてきました。

西武新宿線に乗って、新井薬師前で降りる。
駅から10分程あるいて、伊勢丹落合センターへ。
もうこの会社はセミナー、説明会に続いて3回目の訪問になる。

筆記試験は30人程の学生が受験してた。

試験は前半が言語・数理。
休憩後の後半は特殊なものだった。
写真を見て「この写真に当てはまる感情を次の中から選べ」みたいなのとか、初めて見る問題ばかりだった。
セミナーのときの「EQ」の話と関係あるのだろうか。

試験が終わって変えるときには、もう夕方になっていて、駅までの道が非常に寒くて辛かった。

伊勢丹だけがなぜ売れるのか 誰からも支持される店づくり・人づくり 武永 昭光
伊勢丹だけがなぜ売れるのか
誰からも支持される店づくり・人づくり
武永 昭光

伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか―現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る 溝上 幸伸
伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか
現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る
溝上 幸伸

百貨店地図が塗り変わる日―1兆円企業4グループしか生き残れない理由 川嶋 幸太郎
百貨店地図が塗り変わる日
1兆円企業4グループしか生き残れない理由
川嶋 幸太郎
2007-02-10

IDC 伊勢丹データーセンターの会社説明会に行ってきました。


プレセミナーで一度来ているので、今回は道に迷わずにたどり着きました。


説明会は、会社概要の説明(プレセミナーとほぼ同内容)が最初にあって、その後に先輩社員への質問会がありました。

4人の社員の方に、15分ずつの質問時間があり、合計で1時間いろいろお話を聞けました。

印象的だったのが、「分かってると思うけど、会社って仕事するところだからね」という社員の方の言葉。


その後、エントリーシートが配られました。
筆記用具のみを机に置いて、30分間で記入です。

・「私は…」に続く文を20個

とか、少し変わった形式でしたが、要は自己PRと志望動機でした。


このIDCという会社は、従業員数200人強と規模は小さいけれど、採用HPやセミナー・説明会では、「採用にチカラを入れてる」って感じが伝わってくる気がする。

伊勢丹だけがなぜ売れるのか 誰からも支持される店づくり・人づくり 武永 昭光
伊勢丹だけがなぜ売れるのか
誰からも支持される店づくり・人づくり
武永 昭光

伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか―現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る 溝上 幸伸
伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか
現場主義で培われた伊勢丹イズムの神髄に迫る
溝上 幸伸

百貨店地図が塗り変わる日―1兆円企業4グループしか生き残れない理由 川嶋 幸太郎
百貨店地図が塗り変わる日
1兆円企業4グループしか生き残れない理由
川嶋 幸太郎
2007-01-13

IDC 伊勢丹データセンターのプレセミナー「先輩社員の話が直接聞けるセミナー」に行ってきました。


西武新宿線の“各停”とか“準急”とかの表示を見て「???」。
(普段はJR線しか乗らないから、私鉄は迷うよね)


電車を降りて駅を出てからIDCまでの道のりは、HPにあった地図を印刷して持ってきたから迷わずに着いた。
(駅からちょっと距離あったから、地図無しだったら、確実に迷子になってた)


IDC内の小さな部屋が会場で、参加してた学生数は10人(女子は7人)。

最初に、IT企業全体の説明とIDCの概要の説明。
デファクトスタンダード(実質的な業界標準)。

次は若手社員の方への質問会。
IDCの研修制度から就活の体験談まで、いろんな話が聞けてよかった。

最後に、外部講師の方から「EQ(心の知能指数)」の話。
EQという言葉は初めて聞いたけど、とっても「なるほどー」な話だった。

3時間弱のセミナーはちょっと疲れたけど、参加してよかった。



IDCの建物はちょっと古い感じで、その隣にあった東京海上日動の寮はとっても綺麗だった。

EQ―こころの知能指数 Daniel Goleman (著), 土屋 京子 (訳)
EQ―こころの知能指数 Daniel Goleman (著), 土屋 京子 (訳)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。