HOME > 東京海上日動システムズ :このページの記事一覧
東京海上日動システムズ 内々定
東京海上日動システムズ 最終面接
東京海上日動システムズ 二次面接
東京海上日動システムズ 一次面接合格
東京海上日動システムズ 一次面接
東京海上日動システムズ テストセンター 通過
東京海上日動システムズ 会社研究セミナー
東京海上日動 MARINEセミナー

2007-03-30

東京海上日動システムズから内々定の電話がありました。

今日、最終面接を受けてその日の夜に、もう連絡がありました。
2007-03-30

東京海上日動システムズの最終面接を受けてきました。

多摩センターのビルに来るのも、今日で4回目です。
本日は会社説明会もやってたようで、駅から歩いてる学生さんが大勢いました。
微妙に駅からの距離があるんですよね。

で、受付を通って、面接の会場へ。

ノックして部屋に入ります。
面接官は、二次面接の時と同じくらいの年次の方が2人。
面接時間は30分間ほど。

「今日で当社にお越しいただくのも4回目ですが、印象はどうですか?」
みたいな質問が最初にあり、
「多摩はいい街だし、社内の様子も綺麗で、…」
と、仕事とは関係の無い答えを返してしまう。

その後は、二次と同じく、作文とESの内容からの質問に移る。
面接官の方はしっかり作文を読んでくれたようだ。
「大学で力を入れたこと」について、苦労したこと、嬉しかったこと、工夫したこと、学んだこと、などを話す。

さらに、
「高校時代はどんな人でしたか?」とか
「当社の説明会の印象は?」とか
「コミュニケーションで大切なことは?(一言で)」とか
いろいろ聞かれた。

最後に就活の状況について、他社のことについても。
既にSJSに内定を貰ってることも話した。

「当社に合格した後は、就職活動は続ける?」
と聞かれたので、
「将来のことですので、即決はできません、悩み迷い考えるのに少し時間がかかると思います」
と答えた。第一志望です、なんて嘘は言えなかった。

時間がきて、面接は終了。

控え室に行く。
同時刻に最終面接を別の部屋で受けてた学生さんもいた。
(ちょっと可愛い子だった)

すぐに、社員の方が来て、エレベータで2階へ降りる。
入館証を返し、「ありがとうございました」と。

ビルをでると、女の子はすたすたと駅に歩いていってしまった。
(何かつぶやいていた)
2007-03-14

東京海上日動システムズの二次面接を受けてきました。

一次の時はロビーの一角で面接でしたが、今回は会社の中に入れてくれ、個室に通してくれました。

個人面接で、面接官は2人(一次のときよりも年次が上の社員の方でした)。
時間は30分間。

一次で提出した作文と履歴書の内容からの質問が主でした。
2007-03-07

東京海上日動システムズの一次面接の合格の電話がありました。
2007-03-02

東京海上日動システムズの一次面接を受けてきました。

面接会場は、薄い(高さもそれほどない)壁で仕切られた狭いミーティングスペースみたいな場所で、同時刻にいっせいに行なわれました。
なので、隣の面接の声も結構聞こえました。

面接は個人面接で、面接官は2人でした。
時間は30分間ほど。
面接官との距離も、かなり近かった。

説明会の時に記入したESの内容にそっての質問に答える形でした。
私の場合、大学生活についての話が中心でした。
2007-02-22

東京海上日動システムズから、テストセンターの合格の電話がありました。

面接までに作文を書かないと。
2007-02-16

東京海上日動システムズの「会社研究セミナー」に行ってきました。

多摩センターです。

風が強いです。

セミナー前半は、PPTとVTRで会社の説明・業務の説明・制度の説明を聞いて、
後半は、学生6人に社員の方が1人ついてくれて、会社の中を見学させてもらいました。

その後、同じグループで質問の時間。
少人数だったので、いろいろ質問できました。

最後にESを記入して提出。

指定履歴書と作文用紙が配布されました。
2006-12-08

今日は、東京海上日動火災保険のMARINEセミナーに行ってきました。

セミナーの内容は、最初に30分間のオリエンテーションがあり、その後、EXPO形式で各30分のプログラムが休憩10分をはさんで、全部で4回ありました。

もちろん4回では、すべてのプログラムに参加することはできません。
私が参加したのは、次の4つです。

・ベテラン全国型社員
・東京海上日動システムズ
・自己分析アドバイス
・中堅地域型社員


私が就活を始めたのは11月下旬からで、企業のセミナーに参加するのは、実は今回の東京海上日動が初めてだったのですが、参加して良かったです。
やはりWEBサイトを見ているだけではなく、どんどんセミナーや説明会に参加することが大切だと感じました。
リクルートスーツを着てる他の学生さんたちを見るだけでも、就活へのパワーが沸いてくる気がしました。

東京海上日動システムズへの興味・関心度が高くなったと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。