HOME > 適性検査 :このページの記事一覧
筆記・WEBテスト対策のおススメ本
テストセンター
毎日就職ナビ SPI+一般常識全国一斉模擬テスト

2007-10-06

筆記試験の完全攻略 2009年度版SPI2/CAB・CAB2/GAB/ENG/GFT/IMAGES内定ロボット
筆記試験の完全攻略 2009年度版
SPI2/CAB・CAB2/GAB/ENG/GFT/IMAGES
内定ロボット(著) 日経ナビ&就職ガイド編集部(編)

Webテストの完全攻略 2009年度版玉手箱/Web-CAB/WEBテスティングサービス/テストセンター/TG-WEB内定ロボット
Webテストの完全攻略 2009年度版
玉手箱/Web-CAB/WEBテスティングサービス/テストセンター/TG-WEB
内定ロボット(著) 日経ナビ&就職ガイド編集部(編)


筆記試験やWebテストの対策は、理系の学生であれば、この2冊をきっちりやれば他には何も必要ないと思います。
私が実際に使ったのは2008年版ですが、非常に良くできた対策本だと思います。
厳選された例題で、最大限の効果を得られるように構成されています。

理系の学生であれば、何も対策なしでぶっつけ本番で筆記試験を受けてもある程度の点数は取れると思います。
内定ロボット著のこの2冊は、SPIやGABやWEBテスティングサービスなどそれぞれの試験ごとの特有の問題を紹介し、知っていると絶対有利になる解法を身につけられます。

「書店には数多くの対策本が売られていて、どれを買ったら分からない」

という場合には、私は迷わずこの2冊をお勧めします。
少ない時間で効率よく要領よくやって筆記をパスして、その分エントリーシートの文章を考えたり面接の練習に時間をたくさん使えます。
2007-02-02

テストセンターで適性検査を受けてきました。

今日は大学で卒業研究のガイダンスがあったので、長時間つまらない説明を聞いて疲れています。

ですが、気を取り直して、『筆記試験の完全攻略』でSPI2の非言語の問題の解放を見直してから、竹橋に行きました。


テストセンターに入り、受付で受験票(Webからプリントアウトしたもの)と免許証を出して、待合コーナーのイスに座って呼ばれるのを待ちます。

数分後、番号を呼ばれてカウンターへ。
ロッカーの鍵、シャーペン2本、メモ用紙(B5の紙2枚)を渡され、ケータイの電源を切るように言われる。
荷物をロッカーに入れて、受験室へ。(部屋には荷物は一切持ち込めない)

周りを見ると、私服の人もスーツの人も両方いた。

受験室は、一人一人の机にノートパソコンが一台(ちなみにDELLだった)
もちろん隣とは仕切りがある。

パソコンはログイン画面になっていて、IDと名前を入力して、各自、準備でき次第、勝手に試験を始めていく。


問題の説明、解答の仕方も、画面に出る。

で、試験スタート。


1時間弱で、終了。

受験室から出て、ロッカーから荷物を出して、鍵とメモ用紙・シャーペン等を返却。



ここで、『Webテストの完全攻略』(内定ロボット著)に書かれているテストセンターの情報を少し引用しておくと、


 受検者の回答が合っているか間違っているかで、その後の問題の難易度が変化するようになっているのです。
 つまり、間違った答えを繰り返すと、どんどんレベルの低い設問が出題され、マイナスの評価をされるという仕組みです。逆に、正しい答えを繰り返すと、どんどんレベルの高い設問が出題され、プラスの評価をされます。



だそうです。

受けてみた個人的な感想としては、

・言語の問題は、パソコンの画面の文章(長文)は読みづらい(書込みが出来ない)
・非言語の問題は、メモ用紙2枚で足りる?と思ったが、全然余裕で足りる
・制限時間も、目安の時間が画面に出るので、ペースがつかみやすい
・マークシートのSPI2と違って、「次へ」をクリックしたら、もう前の問題に戻れない(後で考え直すということが出来ない)

という感じかな。
2006-12-22

毎日就職ナビの就活支援のコーナーの中に、「SPI+一般常識 完全突破塾」というページがある。
そこで、「SPI+一般常識 全国一斉模擬テスト」があったので、受験してみた。



私はリクナビをメインに使っていて、毎ナビは最近登録したばかりなので、知らなかったのだが、9月から毎月第3火曜にこのような模擬テストがあるそうだ。


で、

・[非言語]は、やはり対策本でしっかり勉強するべき
・[一般常識]は全然ダメ
・[言語]も、対策が絶対に必要
・制限時間内に余裕で解くには、もっと勉強しなければ

という感想を持った。(←「当たり前でしょ」と言われるような感想か)

逆に言えば、対策さえすれば十分に得点できそうだ。


そういえば、みんなの就職活動日記から送られてきた『働く舞台裏と内定のシナリオが見えるBOOK』にも、次のようなことが書かれていた。
A:だけど、SPI対策って「やればできる」っていう類のものだよね。あとはやるか、やらないかの差というか…。
B:そう、だから企業はSPIの得点だけじゃなくて「計画力」も試してるんじゃないかな。事前に対策してくる人物かどうかも見られている気がする。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。