2007-02-28

日本SGIの会社説明会に行ってきました。

会場は恵比寿ガーデンプレイスです。

受付で、参加シート(ES)を提出。
参加学生数は、20人弱。

日本SGIには、前回プレセミナーにも参加しましたが、今日の説明会ではより詳しく事業内容について聞けました。
若手社員のメッセージVTRや社長からのメッセージVTR、製品のデモ映像などを織り交ぜながらの説明で2時間はあっという間に過ぎました。

説明会終了後は、筆記試験でした。

マークシートで、言語・数理・論理・英語の試験でした。
性格適性などは無し。
制限時間と問題数・難易度のバランスでは、少し難しい試験でした。
2007-02-28

鉄道情報システム(JRシステム)の会社説明会に参加してきました。

会場はホテルの会議室。

説明会内容は、

・会社紹介
・VTR(システム紹介)
・先輩社員の話
・グループワーク
・会社概要説明
・制度説明

でした。

みどりの窓口を支える「マルス」の謎―世界最大の座席予約システムの誕生と進化杉浦 一機
みどりの窓口を支える「マルス」の謎
世界最大の座席予約システムの誕生と進化
杉浦 一機


旅人をつなぐ“マルスシステム”開発ストーリー (IT技術者の挑戦)金子 則彦
旅人をつなぐ“マルスシステム”開発ストーリー (IT技術者の挑戦)
金子 則彦


定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?三戸 祐子
定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
三戸 祐子
2007-02-27

日興システムソリューションズの一次面接を受けてきました。

会場は鶴見のデータセンター。
入り口で、カバンをX線検査に通されました。
さらに、USBメモリーはロッカーに預けてから、中に入りました。
さすが、厳重なデータセンターです。

待合室で、往復交通費を支給されました。

そして、面接官が呼びに来てくれ、いざ面接室へ。

個人面接で、面接官は2人でした。

初めにこちらから自己紹介をして、
その後は、説明会の時に提出したアンケートと履歴書を見ながらの質問に答えてく形でした。

時間は45分間くらいだったかな。

かなり緊張してしまって、たぶん表情のかなり強張っていたと思います。(笑顔って難しいですね)
2007-02-27

日本オラクルの一次面接、不合格でした。

●●●●さん

慎重に審査した結果、まことに残念ながら貴志に添いかねる結果となりました。
何卒、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
今後のご健闘を心よりお祈りいたします。
日本オラクルへのエントリーありがとうございました。


気持ちを切り替えて、次に向けて頑張らないと。
2007-02-27

MYTECNO 明治安田システムテクノロジーの二次選考を受けてきました。

入り口すぐの受付でESを提出。

まずは、グループワークです。
人数は4人、時間は15分間でした。
一つの会場で3グループ同時に選考が行なわれました。
各テーブルに面接官が2人ずつ着いていました。

内容は、各自に配られたカードの情報を4人で共有し合って問題と答えを導く、って感じでした。

終了後、簡単に答えあわせがありました。(グループ毎の発表などは無し)


その後は、一次面接です。
集団面接で、学生2 vs 面接官2です。
時間は30分間。
面接官は中堅〜ベテランの社員でした。

受付で提出したESからの質問、グループワークの感想、IT業界への志望動機、MYTECNOへの志望動機、などについて話しました。
最後5分間で、こちらからの質問も受けてくれました。

面接の待ち時間には、フローチャートの計算問題を10分間やりました。

最後に、面接官とは別の社員の方への質問の時間が30分間ありました。


明治安田の西葛西研修所は、非常に綺麗な建物でした。
2007-02-26

SJS 損保ジャパン・システムソリューションの一次面接の通過のメールが来ました。
2007-02-26

FIS フコク情報システムの二次面接の合格の通知がきました。

次は役員面接です。
2007-02-26

Nissay-IT ニッセイ情報テクノロジーのグループディスカッションに参加してきました。

具体的な内容は、「友達に言ったり、ネットに書きこんだりしないで下さい」と言われたのでかけません。

会場にはテーブルが3つ。
それぞれのテーブルに学生が6〜7人座りました。
そして、各テーブルに面接官が着いて、終始メモを取っていました。

ディスカッション終了後、社員の方へ質問できる時間も少しだけ用意されていました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。